編集方針

  本誌は大阪大学経済学会・大阪大学大学院経済学研究科の紀要として年4回,邦文ならびに欧文の論稿によって刊行される。  本誌の編集は,大阪大学経済学会によって選ばれた編集委員3名により行われる。編集委員は寄稿された研究成果を選定し,論文・覚書・資料および書評に類別して本誌を編集する。
  大阪大学大学院経済学研究科に所属する研究者はその研究成果を本誌に寄稿することができる。なお,大阪大学大学院経済学研究科に所属しない研究者による研究成果も,大阪大学大学院経済学研究科における研究と密接な関係にあるものについては寄稿することができる。
  なお、寄稿する際は「大阪大学経済学会」会員として、年度会費\4,000を納入する必要がある。


執筆ガイドライン

1. 使用言語は日本語,英語,独語,仏語にかぎる。
2. 他に発表されていないオリジナルな論文であること。
3. 論文の他に,覚書,資料,書評も受け付ける。
4. 掲載の可否は,編集委員会が決定する。
5. 掲載されたすべての論文,記事等の著作権は,大阪大学経済学会に帰属する。したがって,他で当該論文,記事等を使用する場合は,原則として大阪大学経済学会の許諾が必要になる。
6. 原稿は,ハードコピー2部と,CD-ROMなどの電子媒体かe-mailの添付ファイルで,大阪大学大学院 経済学研究科 資料室に連絡票と共に提出すること。アドレスは,shiryo@econ.osaka-u.ac.jp
7. 論文には,欧文の要約を必ず付けること。欧文の要約は,英語,独語,仏語の何れかでタイトル・本文を書き,著者名もロ−マ字表記し,標準を250 words 前後とする。
8. 本学の経済学研究科, 国際公共政策研究科経済学系,社会経済研究所のいずれかの常勤講師以上の教員(名誉教授を含む)は 「掲載論文推薦理由書」が不要である。 それ以外の者が単著論文を投稿する際は「掲載論文推薦理由書」が必要である。 推薦者は本学の経済学研究科,国際公共政策研究科経済学系,社会経済研究所のいずれかの常勤講師以上の教員で,所定の書式を用いること。
9. 文章の体裁は以下に従うことが望ましい。






Abe, K. (1995) "The Target Rates of Tariff and Tax Reform," International Economic Review, 36(4), 875-885.

Hatanaka, M. (1996) Time-series-based Econometrics: Unit Roots and Co-integrations, Oxford and New York: Oxford University Press.

小川一夫・北坂真一 (1995) 「資産市場における企業評価と設備投資」本多佑三編『日本の景気』有斐閣,第1章所収,23-47頁.

沢井 実 (1999) 「明治中後期大阪の機械工業」『大阪大学経済学』第48巻,第3・4号,111-141頁.


Editorial Policy

   The Osaka Daigaku Keizaigaku (English title, Osaka Economic Papers) is published quarterly by the Economic Society of Osaka University and the Graduate School of Economics, Osaka University. The articles may be either in Japanese or in Western languages.
   The Journal shall be under the editorial direction of an editorial board consisting of three members chosen from members of the Graduate School of Economics of Osaka University. The editorial board shall select papers for publication from submissions and classify them into the following categories: articles, notes, data, and book reviews.
   Researchers who belong to the Graduate School of Economics of Osaka University may submit their studies for publication to this journal. Those who do not belong to the Graduate School may also publish their papers in this journal, if their contribution is closely related to research being undertaken in the Graduate School of Economics of Osaka University.
   In the case of contributed manuscripts, the author should be a member of the Economic Society of Osaka University, who has paid the yearly membership fee of 4,000 yen.


Submission Style Guidelines

1. Papers must be submitted in Japanese, English, German or French.
2. Submission of a paper will be put on hold for publication, implying that it contains an original unpublished work.
3. The Journal accepts four kinds of manuscripts: articles, notes, data and book reviews.
4. The Editorial Committee of the Journal decides on the acceptance of manuscripts for publication.
5. The copyright of all articles and any other materials published in Osaka Economic Papers is held by the Economic Society of Osaka University. If author(s) use their articles or materials they must obtain the permission of the Economic Society of Osaka University.
6. Author(s) should submit an electronic copy of their papers, as well as two paper hard copies of the final version of the manuscripts. The electronic version can be submitted on a diskette along with the manuscript's paper hard copy, and a Contact-Information Sheet, or by attaching the file to an email message to shiryo@econ.osaka-u.ac.jp.
7. Each manuscript must be accompanied by an abstract of approximately 250 words, in English, German or French. It should contain the title, text, and author's name.
8. A "Letter of Recommendation" is required for Graduate Students (Doctoral Course) of the Graduate School of Economics of Osaka University or OSIPP. Recommender should be a faculty member of the Graduate School of Economics of Osaka University, OSIPP or ISER.
9. Please use the following guidelines:








Abe, K. (1995) "The Target Rates of Tariff and Tax Reform," International Economic Review, 36(4), 875-885.

Hatanaka, M. (1996) Time-series-based Econometrics: Unit Roots and Co-integrations, Oxford and New York: Oxford University Press.

小川一夫・北坂真一 (1995) 「資産市場における企業評価と設備投資」本多佑三編『日本の景気』有斐閣,第1章所収,23-47頁.

沢井 実 (1999) 「明治中後期大阪の機械工業」『大阪大学経済学』第48巻,第3・4号,111-141頁.