海外渡航・滞在時の安全管理について

HOME > 海外留学 > 海外渡航・滞在時の安全管理について

留学中の生活を充実したものにするためには、滞在中の安全管理や健康管理が必要です。
渡航前から準備しましょう。

安全管理について

海外旅行保険に加入する

 渡航先での病気や事故、盗難などに備えるため、必ず海外旅行保険に加入しましょう。出国後には加入できないので注意して下さい。
大阪大学では、「海外旅行傷害保険料補助制度」を設けておりますので、利用してください。
(※英国ではNHSに加入が可能。盗難を除けば、現地で健康保険(疾病)に加入することは可能)

在外日本大使館(または総領事館)への「在留届」の提出

 海外に3か月以上滞在する場合、現地の日本大使館(または総領事館)へ「在留届」を提出する必要があります。インターネットによる提出も可能です。

ORRネット

現地の法律・習慣を知る

 留学先の国や州の法律を遵守しましょう。また、その土地の文化や風習を知り、目立つ行動等は避けて下さい。危険と思われる場所への外出は控えましょう。

日本への連絡

 定期的に日本の家族や知人へ連絡をしましょう。また、留学先でトラブルや相談事が生じた場合、一人で抱え込まず、現地の大学担当者や阪大の担当者に連絡をして下さい。

海外安全生活情報サイト

外務省:海外安全ホームページ 外務省:世界の医療事情 厚生労働省検疫所:海外で健康に過ごすために 国際協力事業団(JICA):国別生活情報 NIID国立感染症研究所:感染症情報センター 大阪大学・国際交流等に伴う危機管理対応マニュアル [PDF]

〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-7(豊中キャンパス)
TEL:06-6850-6111 FAX:06-6850-5205
E-MAIL : ieo@econ.osaka-u.ac.jp