ofctowa_logo

目的

パラダイムの変革を必要とする時代の到来を迎え、新たな価値創造に向け、多様な次元での交流・連携が、今、必要とされています。大学に対してもまた、交流・連携の実をあげるべく、社会貢献が、今、求められています。
大阪大学大学院経済学研究科・経済学部オープン・ファカルティー・センター(以下、OFC)は、経済学研究科・経済学部を基点に、国内外を問わず、産業界・企業・行政・地域・同窓会・一般社会人を母体とする多彩な人材の交流と参加を実現するための「場」ないし「結節点」としての役割を担うため、「開かれた人材・学術交流の中核的な場としての大学」をテーマに平成10年に実施された大阪大学経済学部50周年記念事業基金をもとに設立されました。

「叡知を求めて!大学から実業界へ、実業界から大学へ」をキャッチフレーズに、多彩かつ有意義なイベントやプロジェクトを着実に実施し、大学の社会貢献の一端を果たそうとするOFCの目的をご理解賜るとともに、OFCの活動に対する皆様方のご支援・ご協力を心よりお願いするものです。

活動

大阪大学大学院経済学研究科内に設置された「オープン・ファカルティー・センター(OFC)運営委員会」の企画のもと、企業・行政・地域との交流・連携・相互啓発に有意義と思われる様々なイベントやプロジェクトを実施します。

また、それらの活動の成果を社会と分かち合うため、インターネット上に「OFCウェブサイト」を設け、「OFCニューズレター」を発行し、イベントないしプロジェクトの内容によっては、随時、講義録・講演録などを編集するなど、積極的な情報発信を行い、円滑な交流・相互啓発の実施とその成果の普及に努めます。

組織と予算

「オープン・ファカルティー・センター(OFC)運営委員会」の企画のもと、具体的なイベントやプロジェクトの実施・運営は、「オープン・ファカルティー・センター(OFC)事務局」が担当します。

 
オープン・ファカルティー・センター(OFC)運営委員会
委員長: 経済学研究科 教授 山本 達司
委 員: 同  上 山本 千映
同  上 椎葉 淳
 
オープン・ファカルティー・センター(OFC)事務局
室 長 玉江 尚之
事 務
西村 尚子
勘原 綾

OFCのすべての活動は、大阪大学経済学部50周年記念事業基金を原資とし、各年度において、研究科教授会で承認された予算に基づいて行われます。

このページの上部へ戻る