寄附講義

講義名

特殊講義「アセットマネジメントの理論と実務」 平成29年度1学期 

概要

日本投資顧問業協会・投資信託協会からのご協力により、 外部講師をお招きして学生向けの講義を行いました。

○担当教員(コーディネーター):大阪大学経済学研究科 太田 亘 教授

開催日時/場所

下記の日程の水曜日3限(13:00-14:30)/ 大阪大学豊中キャンパス 法経講義棟2階4番教室

回/
開催日
カリキュラム 講義の概要 講師
第1回 /
4.12
投資資産(株式、債券)の
リスクとリターン
○金融資本市場とコーポレートファイナンス
○株式・債券の投資手法と運用スタイル
○株式・債券のリスク・リターン特性
イボットソン・アソシエイツ・
ジャパン(株)
取締役会長 山口 勝業 氏
第2回 /
4.19
アセットマネジメントとは
(オリエンテーション)
○資産運用の歴史的経緯、機能、社会的位置付
○アセット・マネジメントにおける受託者責任、
 運用哲学等
フィデリティ・ジャパン・
ホールディングス(株)
取締役副会長 蔵元 康雄 氏
第3回 /
4.26
アセットアロケーションと
分散投資
○ポートフォリオ構築の理論と実践
○リスク許容度別ポートフォリオ選択
○リスクマネジメントの実務
ノーザン・トラスト・グローバル・
インベストメンツ(株)
アドバイザリィ・ボード・メンバー
山田 正次 氏
第4回 /
5.10
REIT、不動産証券化商品  ○新たな投資商品としてのリート
○リート市場の推移と現状
○リート市場の今後の展望 
三菱商事UBS・REALTY(株)
前代表取締役副社長
向井 稔 氏
第5回 /
5.17
社会的責任投資 ○社会的責任投資とは
○ESGとは
○SRIファンドの運用の実際
○SRIファンドの今後の課題
三井住友信託銀行(株)
株式運用部
SRIファンドマネージャー
山田 栄一 氏
第6回 /
5.24
投資信託 ○投資信託(主に証券投資信託)の仕組み、
 特性、種類等
○資産運用における投資信託活用のポイント
シンクタンク・ソフィアバンク
代表 藤沢 久美 氏
第7回 /
5.31
株主によるガバナンスと
企業行動・企業価値
○株主とコーポレートガバナンス
○ガバナンスが企業行動・企業価値に与える影響
(株)日本投資環境研究所 調査部
主任研究員
上田 亮子 氏
第8回 /
6.7
日本の年金と
アセットアロケーション
○日本の年金制度の概要と企業年金を
 取り巻く環境変化
○年金の資産運用の実務
システム2㈱
代表取締役
(大阪ガス㈱ 前財務部担当部長)
石田 英和 氏
第9回 /
6.14
金融デリバティブ取引 ○金融デリバティブ取引の種類や活用方法等
東京海上日動火災保険㈱
内部監査部部長
(元東京海上アセットマネジメント㈱CIO)
河西 洋文 氏
第10回 /
6.21
ファンドマネージャー・
アナリストの業務
○ファンドマネージャー、アナリストの
 業務の実態
○ファンドマネージャー、アナリストに
 求められる資質
TMインベストメント(株)
代表取締役
水野 隆秀 氏
第11回 /
6.28
投資資産の種類と
グローバル・マーケットの
動向
○証券市場の概要
○マクロ経済分析の基本
○投資資産(株式、債券等)の
 グローバル・マーケットの動向
○国際分散投資の効用
アセットマネジメントOne(株)
運用本部 調査グループ
チーフエコノミスト
小出 晃三 氏
第12回 /
7.5
資産運用業と
コンプライアンス
○コンプライアンスとは
○受託者責任 ― 対顧客
○インサイダー等の違法行為 ― 対市場
○検査・監視、自主規制
日本投資顧問業協会
副会長
(元証券取引等監視委員会事務局長)
長尾 和彦 氏
第13回 /
7.12
金融商品取引法と
アセットマネジメント

○金商法の目的
○金商法と資産運用会社
○行為規制等

アセットマネジメントOne(株) 
リスク管理本部
法務グループ長兼法務部長
村岡 佳紀 氏
第14回 /
7.19
ヘッジファンド ○オルタナティブ投資
○ヘッジファンドの概要
○代表的な運用手法、主なプレーヤー、
 グローバルな動向等
あけぼの投資顧問(株)
代表取締役CEO兼投資最高責任者CIO
白木 信一郎 氏
第15回 /
7.27
アセットマネジメント・
ビジネスの今後の展望
(経営者が語る)
○経営者から見た資産運用業について
○グローバルに見た資産運用業界と日本の将来性
○金融商品取引法について
ベイビュー・アセット・
マネジメント(株)
取締役 工藤 雄二 氏

*記載している肩書きは、講義当時のものです。
*3、4年次以上配当の講義です。履修を希望する学生は、大学の手続きに従って登録してください。

このページの上部へ戻る