大竹文雄のページ

English

このページは、大阪大学 特任教授 大竹文雄のホームページです

大阪大学感染症総合教育研究拠点 科学情報・公共政策部門 行動経済学ユニット 
 大阪大学大学院経済学研究科

 

あなたは 番めの訪問者です
(2000年2月10日以来)


 
更新情報 2021年6月1日 論文情報(Publications・Articles・Students)・NEWS を更新しています。
2021年6月1日 ゼミ予定を更新しています。

2011年11月1日 『スタディガイド・入門マクロ経済学(第5版)』の正誤表を掲載しています。
            

第14回 応用計量経済学コンファレンス
2019年11月8日(金)
大阪大学豊中キャンパス

<< 終了いたしました >>

NEWS 
・ 『日本経済新聞/月曜 経済観測』にインタビュー記事「コロナ後の成長 データ屈指、生産性向上を」が掲載されました。(2022年1月3日)
・ 『京都新聞/現代のことば』「ピア効果」が掲載されました。(2021年12月21日夕刊)
・  RIETIのコラム『フェローに聞く』にインタビュー記事「EBPMを日本に根付かせる―ナッジ活用のすすめ-」が掲載されました。(2021年12月)
・ 『PRESIDENT』にインタビュー記事「仕事にも生きる「リスクの哲学」レッスン 投資向きは、男か女か? 大きく儲ける行動経済学」が掲載されました。(2021.12.17号)
・ 『大阪大学NewsLetter85号』に「産声をあげた感染症の経済学 混沌とする社会に射す希望の光」が掲載されました。(2021年10月1日)
・ 『The21:第2特集 今さら聞けない「行動経済学」』にインタビュー記事「効果的に「促す」だけで、人の行動が劇的に変化する!」が掲載されました。(2021年11月号)
・ 『Voice』に医療経済学会シンポジウムの記事「安易な強権発動の危うさ」が掲載されました。(2021年11月号)
・ 『東洋経済オンライン』に提言「ワクチン接種が行き渡った後に避けられない難題:医療提供体制を拡充できなければ多方面に悪影響」が掲載されました。(2021年9月13日)
・ 『BuzzFeed News』にインタビュー記事が掲載されました。「ワクチン、若者の6割「接種したい」 なのに、なぜネガティブな声だけ強調?専門家は「逆効果」と批判」(2021年8月28日)
・ テレビ東京ワールドビジネスサテライトにて、オンライン・インタビューが放映されました。(2021年8月27日)
・ 『東洋経済オンライン』に提言「コロナ医療体制、2倍以上の拡充を求める緊急提言」が掲載されました。(大竹文雄・小林慶一郎・高久玲音・仲田泰祐、2021年8月27日)
・ 『Business Insider』にインタビュー記事が掲載されました。「緊急事態宣言の効果はなぜ鈍るのか。デルタ株に対抗するために必要なメッセージとは?分科会・経済学者に聞く」(2021年8月17日)、
        「コロナ禍での経済「再起動」へ2つのシナリオ、行動経済学者に聞く」(2021年8月18日)
・ BSテレ東 NIKKEI日曜サロンで オンライン・インタビューが放映されました。(2021年8月8日)
・ 『Buzzfeed News』にインタビュー記事が経済されました。「ワクチン接種者を優遇するのは差別ですか?「Go To キャンペーンの参加条件はワクチン接種」が効果的な理由」(2021年7月5日)
・ 『東洋経済オンライン』に提言「ワクチン接種の恩恵を行き渡らせる為の政策提言」が掲載されました。(大竹文雄・小田原悠朗・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志・渡辺安虎、2021年6月11日)
・ 『東洋経済オンライン』に提言「進まないワクチン予約の劇的改善求める緊急提言」が掲載されました。(大竹文雄・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志、2021年5月19日)
・ 『京都新聞/現代のことば』「70の法則」が掲載されました。(2021年5月18日夕刊)
・  京都大学(論文)、関西大学法科大学院の2021年度入学試験において「行動経済学の使い方」(岩波新書)の一部が、試験問題の題材として使われました。
・  東海学園大学、南山大学(小論文)の2021年度入学試験において「競争と公平感」(中央公論新書)の一部が、試験問題の題材として使われました。
・  広島経済大学(国語)、東京成徳大学(小論文)、高知県立大学(小論文)の2021年度入学試験において「競争社会の歩き方」(中央公論新書)の一部が、試験問題の題材として使われました。
・ 『京都新聞/現代のことば』「高いワクチン接種希望率」が掲載されました。(2021年3月24日夕刊)
・ 『産経新聞/知論考論』「日本は新型コロナワクチン開発で取り残された」に、インタビュー記事「日本の伝統的手法に接種意向高める効果」が掲載されました。(2021年3月18日オンラインと夕刊)
・ 『京都新聞/現代のことば』「緊急事態宣言」が掲載されました。(2021年1月21日夕刊)
・ 『朝日新聞/オピニオン(耕論)緊急事態宣言ふたたび 新型コロナ』に「対策遅れた今 行動変容を」が掲載されました。(2021年1月16日朝刊)
・  NHK おはよう日本7時台に オンライン出演しました(2021年1月15日)
・ 『BuzzFeed News』にインタビュー記事が掲載されました。前編(2021年1月14日)後編(2021年1月15日)
・ 『京都新聞/現代のことば』「買い占め」が掲載されました。(2020年11月18日夕刊)
・ 『にちぎん 2020年秋号』にエッセイ「理想的な「おかね」の貯め方」が掲載されました(2020年9月25日発行)
・  NHK 不可避研究中「#生きるのにお金かかりすぎ」の中でインタビューが放映されました。(2020年9月25日)
・ 『京都新聞/現代のことば』「矢印の効能」が掲載されました。(2020年9月23日夕刊)
・ 『東洋経済オンライン』にインタビュー記事「新型コロナは制御可能」が今夏の経験の結論だ」が掲載されました(2020年9月5日)
・ 『京都新聞/現代のことば』「新しい生活様式」が掲載されました。(2020年7月20日夕刊)
・  岡山大学の2020年度入学試験において「競争社会の歩き方」(中央公論新書)の一部が、広島大学の2020年度入学試験において「経済学のセンスを磨く」(日本経済新聞出版社)の一部が、試験問題の題材として使われました。
・  北陸大学の2020年度入学試験、日本大学習志野高校の2020年度後期入学試験において、それぞれ「競争社会の歩き方」(中央公論新書)の一部が試験問題の題材として使われました。
・  NHK ニュースほっと関西「行動経済学が導くコロナ感染対策」の中で解説インタビューが放映されました。(2020年5月20日)
・ 『毎日新聞Web版』にインタビュー記事「緊急事態宣言後も人だかり… 行動経済学者が説く「変容」の難しさ 新型コロナ」が掲載されました(2020年4月24日)
・ 『アエラ』に尼崎市長との尼崎市の教育についての対談が掲載されました。(2020年3月16日号)
・  中央大学、同志社女子大学の2020年度大学試験において、それぞれ「競争社会の歩き方」の一部が、立命館大学の2020年度大学院入試において「行動経済学の使い方」の一部が、試験問題の題材として使われました。
過去のニュース

       

<新着>
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう「年初に立てる目標を達成できない3つの理由。達成するにはどうすれば?」』朝日新聞 Bizble 2022年1月7日(Web)
「ナッジは人を救えるか?」『現代経済学の潮流2021』東洋経済新報社、2021年12月30日 pp.3-36
"How to nudge COVID-19 vaccination while respecting autonomous decision making" VoxEU Columns, December 2021,(Shusaku Sasaki, Tomoya Saito, Fumio Ohtake)
"The Willingness to Pay for a Hypothetical Vaccine for the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) " International Journal of Environmental Research and Public Health 18(23) 12450, November 2021,(Yoshiro Tsutsui, Shosh Shahrabani, Eiji Yamamura, Ryohei Hayashi, Youki Kohsaka, Fumio Ohtake)DOI:10.3390/ijerph182312450
"Nudges for COVID-19 voluntary vaccination:How to explain peer information?" Social Science & Medicine 114561-114561 November 2021,(Shusaku Sasaki, Tomoya Saito, Fumio Ohtake)DOI:10.1016/j.socscimed.2021.114561
「医療と経済活動、両立への方程式」『Voice (PHP研究所)平成3年 12月号』2021年11月 pp.70-77
"Proactive Engagement of the Expert Meeting in Managing the Early Phase of the COVID-19 Epidemic, Japan, February–June 2020" Emerging Infectious Diseases 27(10) October 2021,(Tomoya Saito, et al) DOI:10.3201/eid2710.204685
緊急事態宣言は誰の働き方を変えたか大阪大学 Discussion Papers of Economics And Business、June2021,(大竹文雄、加藤大貴)
ワクチン接種が行き渡った後に避けられない難題:医療提供体制を拡充できなければ多方面に悪影響東洋経済オンライン、2021年9月13日
"Can nudges save lives?"The Japanese Economic Review、September 2021, DOI:10.1007/s42973-021-00095-7
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:ステイホームを呼びかける最適な記事の見出しは? 行動経済学で考える「物事の伝え方」』朝日新聞 Bizble 2021年8月27日(Web)
コロナ医療体制、2倍以上の拡充を求める緊急提言東洋経済オンライン、2021年8月27日
書評(『バブルの経済理論』櫻川昌哉著 日本経済新聞出版)/低金利を招く金融機能の劣化毎日新聞、2021年8月21日朝刊
"An experimental comparison of rebate and matching in charitable giving: The case of Japan"The Japanese Economic Review、August 2021, (Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00085-9
書評(『最後通牒ゲームの謎』小林佳世子著 日本評論社)/「経済学」超える 人間心理を探る毎日新聞、2021年7月10日朝刊
「悩んだときは変化を選ぼう」『産政研フォーラム』No.130、2021年6月30日、pp.26-28
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:判断に悩んだとき、選ぶべきは「現状維持」か「変化」か 実験からわかった結果とは?』朝日新聞 Bizble 2021年6月29日(Web)
"Effective but fragile? Responses to repeated nudge-based messages for preventing the spread of COVID-19 infection"The Japanese Economic Review、June2021, (Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00076-w
"Firm-specific human capital in different market conditions: evidence from the Japanese football league"Japan and the World Economy、June2021, (Eiji Yamamura, Fumio Ohtake)DOI:10.1016/j.japwor.2021.101068
ワクチン接種の恩恵を行き渡らせる為の政策提言東洋経済オンライン、大竹文雄・小田原悠朗・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志・渡辺安虎、2021年6月11日
書評(『物理学者のすごい思考法』橋本幸士著 インターナショナル新書)毎日新聞、2021年5月29日朝刊
進まないワクチン予約の劇的改善求める緊急提言東洋経済オンライン、大竹文雄・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志、2021年5月19日
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:早めに緊急事態宣言を出すねらいは? 爆発的に増える「指数関数」から考える』朝日新聞 Bizble 2021年5月11日(Web)
"Age- and gender-dependent differences in attitudes towards COVID-19 vaccination and underlying psychological processes"medRxiv, May 2021. (Toshiko Tanaka, Tsuyoshi Nihonsugi, Fumio Ohtake, Masahiko Haruno)DOI:10.1101/2021.05.28.21257954
"Oxytocin-Trust Link in Oxytocin-Sensitive Participants and Those Without Autistic Traits"Frontiers in Neurosciencev, May 2021. (Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, Kiyotaka Tsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, Fumio Ohtake)DOI:10.3389/fnins.2021.659737
"An Analysis about Altruistic and selfish motivations: The case of the Hometown Tax Donation system in Japan"The Japanese Economc Review, Accepted May 2021. (Eiji Yamamura, Yoshiro Tsutsui, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00083-x
書評(『『福島原発事故とこころの健康』岩崎敬子著 日本評論社)/ 心の回復に何が必要か 実証研究毎日新聞、2021年5月22日朝刊
"Reciprocal and prosocial tendencies cultivated by childhood school experiences: School uniforms and the related economic and political factors in Japan"International Journal of Educational Development、May 2021, (Sun Youn LEE, Takahiro Ito, Kohei Kubota, Fumio OHTAKE)DOI:10.1016/j.ijedudev.2021.102396
"ワクチン接種の後押し:自律的な意思決定を阻害しないナッジ・メッセージを目指して」>RIETI DP 21-J-023,(佐々木周作,齊藤智也,大竹 文雄) 2021年4月
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:20~30代の老後のお金大丈夫?行動経済学で考えるお金の貯め方』朝日新聞 Bizble 2021年4月5日(Web)
「新型コロナ・ワクチンの接種意向は高い」『産政研フォーラム』No.129、2021年3月31日、pp.27-29
書評(『サラ金の歴史:消費者金融と日本社会』小島庸平著 中公新書)/ 遊興費は出世への投資だった毎日新聞、2021年3月27日朝刊
"「ワクチン接種意向の状況依存性:新型コロナウイルス感染症ワクチンに対する支払意思額の特徴とその政策的含意」RIETI DP 21-J-007,(佐々木周作,齊藤智也,大竹 文雄)2021年2月
"How Conscious Are You of Others? Further Evidence on Relative Income and Happiness"Journal of Happiness Studies、Accepted January 2021, (Sun Youn LEE, Fumio OHTAKE)DOI: 10.1007/s10902-021-00364-7
「品不足の理由」『産政研フォーラム』No.128、2020年12月25日、pp.27-29
書評(『なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか 生存戦略としてのネットワーク経済学入門』戸堂康之著 プレジデント社)/ 新しいアイデアが生まれる毎日新聞、2021年2月6日朝刊
書評(『ヒューマン・ネットワーク 人づきあいの経済学』マシュー・O・ジャクソン著、依田光江訳 早川書房)/「誰の影響力が強いか」が重要毎日新聞、2020年12月5日朝刊
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【3】 奴隷と自由人の違いとは? 人間に対する信頼と政府の役割を考える(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年11月26日
豪雨災害時の早期避難促進ナッジ」 『行動経済学』13巻、2020年11月25日(大竹 文雄, 坂田 桐子, 松尾 佑太) DOI:10.11167/jbef.13.71
"Racers’ attractive looks, popularity, and performance:how do speedboat racers react to fans’ expectations? "The Japanese Economic Review, November 2020, (Eiji Yamamura, Ryohei Hayashi, Yoshiro Tsutsui, Fumio Ohtake) DOI:10.1007/s42973-020-00064-6
対談・後編: ビジネスパーソンが行動経済学とゲーム理論を使いこなすための重要ポイント(大阪大学大学院経済学研究科 安田洋祐氏と)」 特集・最強の武器「経済学」#5 DIAMOND online 2020年10月28日
対談・前編: 行動経済学とゲーム理論がビジネスパーソンの武器になる理由 (大阪大学大学院経済学研究科 安田洋祐氏と)」 特集・最強の武器「経済学」#3 DIAMOND online  2020年10月27日
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【2】 社会システムは、悪用する人を相手に作ってはならない(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年10月25日
書評(『コロナ危機の経済学 提言と分析』小林慶一郎、森川正之編著 日本経済新聞出版)/取引活性化のための検査・追跡・待機毎日新聞、2020年10月24日朝刊
「誤解されてきたアダム・スミスの「富国論」」『産政研フォーラム』No.127、2020年9月30日、pp.28-31
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【1】 現代人が誤解してきた『国富論』の真の主張(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年9月25日
"A Choice Experiment on Taxes: Are Income and Consumption Taxes Equivalent?"Journal of Behavioral Economics and Finance, accepted July 2020, (Hirofumi Kurokawa, Tomoharu Mori and Fumio Ohtake) DOI:10.11167/jbef.13.53
書評(『16歳からのはじめてのゲーム理論 "世の中の意思決定"を解き明かす6.5個の物語』鎌田雄一郎著 ダイヤモンド社)/人の思いを理解して論理的に考える毎日新聞、2020年8月22日朝刊
書評(『絶望を希望に変える経済学』アビジット・V・バナジー、エステル・デュフロ著 村井章子訳 日本経済新聞出版)/平均的な生活の質を上げるには毎日新聞、2020年7月18日朝刊
"Competitiveness and Individual Characteristics: A Double-Blind Placebo-Controlled Study Using Oxytocin"Scientific Reports、July 2020, (Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, KiyotakaTsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, and Fumio Ohtake) DOI:10.1038/s41598-020-68445-w
骨髄バンク登録者・幹細胞提供者の行動経済学的特性」『行動経済学』、2020年8月25日(大竹文雄、加藤大貴、重岡伶奈、吉内一浩、樋田紫子、黒澤彩子、福田隆浩) DOI:10.11167/jbef.13.32
「新型コロナウイルス感染症対策の行動経済学」『産政研フォーラム』No.126、2020年6月30日、pp.30-36
書評(『経済学を味わう 東大1、2年生に大人気の授業』市村英彦、岡崎哲二、佐藤泰裕、松井彰彦著 日本論評社)/より幸せな社会を目指す熱血講義毎日新聞、2020年5月30日朝刊
書評(『義理と人情の経済学』山村英司著 東洋経済新報社)/人間味溢れる研究人生毎日新聞、2020年4月18日朝刊
「テレワークは生産性にどのような影響を与えるか?」『産政研フォーラム』No.125、2020年3月31日、pp.28-31
書評(『日本のセーフティーネット格差 労働市場の変容と社会保険』酒井正著 慶応技術大学出版会)/根拠に基づく「非正規」への拡充策毎日新聞、2020年2月23日朝刊
"Effect of different types of messages on readiness to indicate willingness to register for organ donation during driver’s license renewal in Japan " Transplantation, accepted, January 2020, (Kei Hirai, Fumio Ohtake,Tadashi Kudo, Takashi Ito, Shusaku Sasaki, Goro Yamazaki, Yuichiro Eguchi)
書評(『自分をコントロールする力 非認知スキルの心理学』森口佑介著 講談社現代新書)/人生の成功に重要な機能の鍛え方毎日新聞、2020年1月5日朝刊
過去の新着



<一般向け>
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう「年初に立てる目標を達成できない3つの理由。達成するにはどうすれば?」』朝日新聞 Bizble 2022年1月7日(Web)
「医療と経済活動、両立への方程式」『Voice (PHP研究所)平成3年 12月号』2021年11月 pp.70-77
ワクチン接種が行き渡った後に避けられない難題:医療提供体制を拡充できなければ多方面に悪影響東洋経済オンライン、2021年9月13日
Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:ステイホームを呼びかける最適な記事の見出しは? 行動経済学で考える「物事の伝え方」』朝日新聞 Bizble 2021年8月27日(Web)
コロナ医療体制、2倍以上の拡充を求める緊急提言東洋経済オンライン、2021年8月27日
書評(『バブルの経済理論』櫻川昌哉著 日本経済新聞出版)/低金利を招く金融機能の劣化毎日新聞、2021年8月21日朝刊
書評(『最後通牒ゲームの謎』小林佳世子著 日本評論社)毎日新聞、2021年7月10日朝刊
「悩んだときは変化を選ぼう」『産政研フォーラム』No.130、2021年6月30日、pp.26-28
 Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:判断に悩んだとき、選ぶべきは「現状維持」か「変化」か 実験からわかった結果とは?』朝日新聞 Bizble 2021年6月29日(Web)
ワクチン接種の恩恵を行き渡らせる為の政策提言東洋経済オンライン、大竹文雄・小田原悠朗・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志・渡辺安虎、2021年6月11日
書評(『物理学者のすごい思考法』橋本幸士著 インターナショナル新書)毎日新聞、2021年5月29日朝刊
進まないワクチン予約の劇的改善求める緊急提言東洋経済オンライン、大竹文雄・栗野盛光・小島武仁・小林慶一郎・野田俊也・室岡健志、2021年5月19日
 Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:早めに緊急事態宣言を出すねらいは? 爆発的に増える「指数関数」から考える』朝日新聞 Bizble 2021年5月11日(Web)
書評(『『福島原発事故とこころの健康』岩崎敬子著 日本評論社)/ 心の回復に何が必要か 実証研究毎日新聞、2021年5月22日朝刊
 Bizble(ビズブル)コラム『行動経済学でみてみよう:20~30代の老後のお金大丈夫?行動経済学で考えるお金の貯め方』朝日新聞 Bizble 2021年4月5日(Web)
「新型コロナ・ワクチンの接種意向は高い」『産政研フォーラム』No.129、2021年3月31日、pp.27-29
書評(『サラ金の歴史:消費者金融と日本社会』小島庸平著 中公新書)/ 遊興費は出世への投資だった毎日新聞、2021年3月27日朝刊
書評(『なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか 生存戦略としてのネットワーク経済学入門』戸堂康之著 プレジデント社)/ 新しいアイデアが生まれる毎日新聞、2021年2月6日朝刊
「品不足の理由」『産政研フォーラム』No.128、2020年12月25日、pp.27-29
書評(『ヒューマン・ネットワーク 人づきあいの経済学』マシュー・O・ジャクソン著、依田光江訳 早川書房)/「誰の影響力が強いか」が重要毎日新聞、2020年12月5日朝刊
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【3】 奴隷と自由人の違いとは? 人間に対する信頼と政府の役割を考える(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年11月26日
対談・後編: ビジネスパーソンが行動経済学とゲーム理論を使いこなすための重要ポイント(大阪大学大学院経済学研究科 安田洋祐氏と)」 特集・最強の武器「経済学」#5 DIAMOND online 2020年10月28日
対談・前編: 行動経済学とゲーム理論がビジネスパーソンの武器になる理由 (大阪大学大学院経済学研究科 安田洋祐氏と)」 特集・最強の武器「経済学」#3 DIAMOND online  2020年10月27日
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【2】 社会システムは、悪用する人を相手に作ってはならない(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年10月25日
書評(『コロナ危機の経済学 提言と分析』小林慶一郎、森川正之編著 日本経済新聞出版)/取引活性化のための検査・追跡・待機毎日新聞、2020年10月24日朝刊
「誤解されてきたアダム・スミスの「富国論」」『産政研フォーラム』No.127、2020年9月30日、pp.28-31
中公文庫『国富論(全3巻)』新版刊行記念対談【1】 現代人が誤解してきた『国富論』の真の主張(立命館アジア太平洋大学学長 出口治明氏と)」婦人公論.jp 2020年9月25日
書評(『16歳からのはじめてのゲーム理論 "世の中の意思決定"を解き明かす6.5個の物語』鎌田雄一郎著 ダイヤモンド社)/人の思いを理解して論理的に考える毎日新聞、2020年8月22日朝刊
書評(『絶望を希望に変える経済学』アビジット・V・バナジー、エステル・デュフロ著 村井章子訳 日本経済新聞出版)/平均的な生活の質を上げるには毎日新聞、2020年7月18日朝刊
「新型コロナウイルス感染症対策の行動経済学」『産政研フォーラム』No.126、2020年6月30日、pp.30-36
書評(『経済学を味わう 東大1、2年生に大人気の授業』市村英彦、岡崎哲二、佐藤泰裕、松井彰彦著 日本論評社)/より幸せな社会を目指す熱血講義毎日新聞、2020年5月30日朝刊
書評(『義理と人情の経済学』山村英司著 東洋経済新報社)/人間味溢れる研究人生毎日新聞、2020年4月18日朝刊
「テレワークは生産性にどのような影響を与えるか?」『産政研フォーラム』No.125、2020年3月31日、pp.28-31
書評(『日本のセーフティーネット格差 労働市場の変容と社会保険』酒井正著 慶応技術大学出版会)/根拠に基づく「非正規」への拡充策毎日新聞、2020年2月23日朝刊
書評(『自分をコントロールする力 非認知スキルの心理学』森口佑介著 講談社現代新書)/人生の成功に重要な機能の鍛え方毎日新聞、2020年1月5日朝刊
過去の一般向け


<論文等>
「ナッジは人を救えるか?」『現代経済学の潮流2021』東洋経済新報社、2021年12月30日 pp.3-36
"The Willingness to Pay for a Hypothetical Vaccine for the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) " International Journal of Environmental Research and Public Health 18(23) 12450, November 2021,(Yoshiro Tsutsui, Shosh Shahrabani, Eiji Yamamura, Ryohei Hayashi, Youki Kohsaka, Fumio Ohtake)DOI:10.3390/ijerph182312450
"Nudges for COVID-19 voluntary vaccination:How to explain peer information?" Social Science & Medicine 114561-114561 November 2021,(Shusaku Sasaki, Tomoya Saito, Fumio Ohtake)DOI:10.1016/j.socscimed.2021.114561
"Proactive Engagement of the Expert Meeting in Managing the Early Phase of the COVID-19 Epidemic, Japan, February–June 2020" Emerging Infectious Diseases 27(10) October 2021,(Tomoya Saito, et al) DOI:10.3201/eid2710.204685
緊急事態宣言は誰の働き方を変えたか大阪大学 Discussion Papers of Economics And Business 21-12、June2021,(大竹文雄、加藤大貴)
"Can nudges save lives?"The Japanese Economic Review、September 2021, DOI:10.1007/s42973-021-00095-7
"An experimental comparison of rebate and matching in charitable giving: The case of Japan"The Japanese Economic Review、August 2021, (Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00085-9
"Effective but fragile? Responses to repeated nudge-based messages for preventing the spread of COVID-19 infection"The Japanese Economic Review、June2021, (Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00076-w
"Firm-specific human capital in different market conditions: evidence from the Japanese football league"Japan and the World Economy、June2021, (Eiji Yamamura, Fumio Ohtake)DOI:10.1016/j.japwor.2021.101068
"Age- and gender-dependent differences in attitudes towards COVID-19 vaccination and underlying psychological processes"medRxiv, May 2021. (Toshiko Tanaka, Tsuyoshi Nihonsugi, Fumio Ohtake, Masahiko Haruno)DOI:10.1101/2021.05.28.21257954
"Oxytocin-Trust Link in Oxytocin-Sensitive Participants and Those Without Autistic Traits"Frontiers in Neuroscience, May 2021. (Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, Kiyotaka Tsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, Fumio Ohtake)DOI:10.3389/fnins.2021.659737
"An Analysis about Altruistic and selfish motivations: The case of the Hometown Tax Donation system in Japan"The Japanese Economc Review, Accepted May 2021. (Eiji Yamamura, Yoshiro Tsutsui, Fumio Ohtake)DOI:10.1007/s42973-021-00083-x
"Reciprocal and prosocial tendencies cultivated by childhood school experiences: School uniforms and the related economic and political factors in Japan"International Journal of Educational Development、May 2021, (Sun Youn LEE, Takahiro Ito, Kohei Kubota, Fumio OHTAKE)DOI:10.1016/j.ijedudev.2021.102396
ワクチン接種の後押し:自律的な意思決定を阻害しないナッジ・メッセージを目指して」>RIETI DP 21-J-023,(佐々木周作,齊藤智也,大竹 文雄) 2021年4月
ワクチン接種意向の状況依存性:新型コロナウイルス感染症ワクチンに対する支払意思額の特徴とその政策的含意」RIETI DP 21-J-007,(佐々木周作,齊藤智也,大竹 文雄)2021年2月
"How Conscious Are You of Others? Further Evidence on Relative Income and Happiness"Journal of Happiness Studies、Accepted January 2021, (Sun Youn LEE, Fumio OHTAKE)DOI: 10.1007/s10902-021-00364-7
豪雨災害時の早期避難促進ナッジ」 『行動経済学』13巻、2020年11月25日(大竹 文雄, 坂田 桐子, 松尾 佑太) DOI:10.11167/jbef.13.71
"Racers’ attractive looks, popularity, and performance:how do speedboat racers react to fans’ expectations? "The Japanese Economic Review, November 2020, (Eiji Yamamura, Ryohei Hayashi, Yoshiro Tsutsui, Fumio Ohtake) DOI:10.1007/s42973-020-00064-6
"A Choice Experiment on Taxes: Are Income and Consumption Taxes Equivalent?"Journal of Behavioral Economics and Finance, accepted July 2020, (Hirofumi Kurokawa, Tomoharu Mori and Fumio Ohtake)DOI:10.11167/jbef.13.53
"Competitiveness and Individual Characteristics: A Double-Blind Placebo-Controlled Study Using Oxytocin"Scientific Reports、July 2020, (Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, KiyotakaTsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, and Fumio Ohtake)DOI:10.1038/s41598-020-68445-w
骨髄バンク登録者・幹細胞提供者の行動経済学的特性」『行動経済学』、2020年8月25日(大竹文雄、加藤大貴、重岡伶奈、吉内一浩、樋田紫子、黒澤彩子、福田隆浩) DOI:10.11167/jbef.13.32
"Effect of different types of messages on readiness to indicate willingness to register for organ donation during driver’s license renewal in Japan " Transplantation, February 2020, (Kei Hirai, Fumio Ohtake,Tadashi Kudo, Takashi Ito, Shusaku Sasaki, Goro Yamazaki, Yuichiro Eguchi)DOI:10.1097/TP.0000000000003181
"Long-Term Consequences of the Hidden Curriculum on Social Preferences " The Japanese Economic Review, January 2020, (Takahiro Ito, Kohei Kubota, Fumio Ohtake)
"Long-Term Consequences of Group Work in Japanese Public Elementary Schools " Japan and the World Economy,Online, September 2019, (Kohei Kubota, Takahiro Ito, Fumio Ohtake) DOI:10.1016/j.japwor.2019.100980
"Positive and Negative Effects of Social Status on Longevity: Evidence from Two Literary Prized in Japan " Journal of the Japanese and International Economies, September 2019, (Shusaku Sasaki, Hirofumi Kurokawa, Fumio Ohtake) DOI:10.1016/j.jjie.2019.101037
規範行動経済学と共同体『行動経済学』、12巻、pp.75-86、2019年4月10日公開(大垣昌夫、大竹文雄) DOI:10.11167/jbef.12.75
医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ『行動経済学』、11巻、pp.110-120、2019年2月15日公開(佐々木周作、大竹文雄) DOI:10.11167/jbef.11.110
"Happiness Before and After an Election: An Analysis Based on a Daily Survey around Japan's 2009 Election " Japan and the World Economy, Online, December 2018, (Yusuke Kinari, Fumio Ohtake, Miles Kimball, Shoko Morimoto, Yoshiro Tsutsui) DOI:10.1016/j.japwor.2018.12.001
"Is Being Agreeable a Key to Success or Failure in the Labor Market?" Journal of the Japanese and International Economies,Vol.49, pp.8-27, September 2018, (Sun Youn Lee and Fumio Ohtake) DOI:10.1016/j.jjie.2018.01.003
"Deficient neural activity subserving decision‐making during reward waiting time in intertemporal choice in adult attention‐deficit hyperactivity disorder,"Psychiatry and Clinical Neurosciences (online), April, 2018, (Ayako Todokoro, Saori C. Tanaka, Yuki Kawakubo, Noriaki Yahata, Ayaka Ishii‐Takahashi, Yukika Nishimura,Yukiko Kano, Fumio Ohtake, Kiyoto Kasai) DOI: 10.1111/pcn.12668.
過去の論文(Reseachmapをご参照ください)



<著 書>

『行動経済学の使い方』、岩波新書、2019年9月20日、全224頁(大竹文雄 著)
『医療現場の行動経済学:すれ違う医者と患者』、東洋経済新報社、2018年7月27日、全316頁(大竹文雄・平井啓 編著)
『経済学は役に立ちますか?』東京書籍、2018年1月31日、全248頁(竹中平蔵・大竹文雄)

『競争社会の歩き方自分の「強み」を見つけるには中公新書、2017年8月21日(全272頁)
Behavioral Economics of Preferences, Choices, and Happiness, Springer, 2016, S. Ikeda, H. Kato, F. Ohtake and Y. Tsutsui Eds.
『経済学のセンスを磨く』日経プレミアシリーズ、日本経済新聞出版社、2015年5月8日.
 
『最低賃金改革』日本評論社、2013年7月15日、(大竹文雄・川口大司・鶴光太郎編著)
 
『脳の中の経済学』ディスカバー携書、2012年12月30日、(大竹文雄・田中沙織・佐倉統)
 『日本の幸福度 格差・労働・家族』日本評論社、2010年7月25日、全285頁(大竹文雄・白石小百合・筒井義郎編著)
競争と公平感 市場経済の本当のメリット』中公新書、2010年3月25日(全272頁)
 『格差と希望 誰が損をしているか?』筑摩書房、2008年6月25日.(全248頁)
 
『雇用社会の法と経済』有斐閣、2008年1月30日、(荒木尚志・大内伸哉・大竹文雄・神林龍 編)
 『こんなに使える経済学―肥満から出世まで』ちくま新書、2008年1月8日、大竹文雄 編著
 『スタディガイド 入門マクロ経済学』第5版日本評論社、2007年9月.
 『脱格差社会と雇用法制-法と経済学で考える』日本評論社、2006年12月、(福井秀雄、大竹文雄編著)
 『経済学的思考のセンス お金がない人を助けるには、中公新書、2005年12月20日(全256頁)
 『応用経済学への誘い』日本評論社、2005年10月15日、大竹文雄編著(全225頁)
 『日本の不平等-格差社会の幻想と未来』大竹文雄、日本経済新聞社、2005年5月23日(全308頁)
 解雇法制を考える-法学と経済学の視点 [増補版]、大竹文雄、大内伸哉、山川隆一編、勁草書房、2004年5月20日(全338頁)
 平成不況の論点-検証・失われた十年大竹文雄、柳川範之編著、東洋経済新報社、2004年1月29日(全193頁)
『解雇法制を考える-法学と経済学の視点』大竹文雄、大内伸哉、山川隆一編、勁草書房、2002年12月10日(全288頁)
 「デフレ下の雇用対策」(pdf) 『日本経済研究』No.44、日本経済研究センター、2002年3月、pp.22-45(太田聰一共著)
 『スタディガイド・入門マクロ経済学』第3版、日本評論社、2001年3月20日(全294頁)
       解説の追加、正誤表
 『労働経済学入門』 第1版第2刷発行、日本経済新聞社、2001年7月(全198頁) 練習問題、第1刷正誤表
 『雇用問題を考える-格差拡大と日本的雇用制度』(大阪大学新世紀セミナーシリーズ)大阪大学出版会、2001年3月


<講 義> 更新までしばらくお待ちください。

大阪大学大学院での学習に備えて(経済学専攻)
大学院講義計画





<経済実験・アンケート調査>

くらしと社会に関するアンケート
  ・
調査の概要
  ・
「年功賃金はなぜ好まれるか」(pdf)『産政研フォーラム』2002年No.54
  ・「賃金カットか人員整理か?」(pdf) 『産政研フォーラム』2002年No.56
  ・
「傘とワークシェアリング」(pdf) 『厚生労働統計通信』2002年第12号
  ・
「なぜ市場重視型賃金制度の導入が進むのか?」(pdf) 『関西経協』2002年12月号
  ・阪大における
危険回避度実験及び時間選好率実験の概要


データの公開>